K18金(750)の喜平ブレスレットを買取

2016年5月16日

K18金(750)の喜平ブレスレットを買取

K18金(750)の喜平ブレスレット 重さ32.4g 中古Bランクの商品を112,900円で買取いたしました。

みなさん、こんにちは質の蔵 児玉です。

まだまだ余震が続いておりますが、ご来店頂いて本当に感謝です。

本日は喜平ブレスレットを査定いたしました。本日、当店の金1gあたりの買取価格は、3483円です。重さ32.4gあったので、32.4g×3483円=112,849円 こちらを、112,900円で買取させて頂きました。

今回は、K18金のブレスレットを買取したので、ちょっとした金についての豆知識を書きました。是非、ご参考になれば!

 

K24K18金といった貴金属が希少価値があり魅力的な理由

金と言えば、その輝きや希少性から財宝として価値が高いだけでなく、世界中で普遍的な価値を保ち続けるため投資対象にもなっている貴金属の一つです。円やドルなど各国の通貨は、経済事情などによって簡単に価値が暴落してしまうことがあります。このため貨幣で投資を行っていると、万一その国が経済破綻した場合など大損失を被ってしまうことになります。この点、金は世界中で同一の価値基準が適用されているため、通貨よりも信頼度が高くこぞって投資対象とされてきました。このように、世界中が同じようにその価値を認めていることになるのですが、そもそもなぜこれほど魅力的なものとして見られているのでしょうか。

その理由としては、見た目の美しさはもちろん、埋蔵量や流通量が既に決まっているという点が大きく影響しています。太古の昔から現在まで、掘り出された量は全てを合わせても約15万トンほどしかありません。15万トンと聞くと多いように感じますが、実はこの量は長さ50メートル、深さ3メートルほどのプール約3杯分程しかないのです。しかも、今後発掘が可能とされている埋蔵量は約7万トンとされており、仮に全てが理想通り発掘されたとしても合わせて22万トンにしかなりません。しかも、発掘はあくまでも企業が利益目的として行うため、コストに対して十分元が取れると見極められた場所からしか発掘されません。このような場所は世界で見ても稀であり、なかなか発掘量が増えない原因となっているのです。宝石でも食べ物でも、値段が付くものはその流通量が少なければ少ないほど希少価値があり、高値が付くのが常識です。つまり金は、世界に存在する量がある程度決まっているためにその希少価値を見出しやすく、安定した資産価値を付けられることが特徴だと言えます。

希少な物ならダイヤなどの宝石もあるではないかと考える人も多いでしょうが、実は近年は技術の進歩などで人工的に作ることができる宝石も非常に多くなっているのです。安い価格で手に入る宝石が多いのも、このように人工的な技術を駆使して宝石に近い形や輝きを持つものを作ることができるからなのです。ところが、金はそうはいきません。人工的に作ろうとすれば、太陽が毎日燃焼する際に生み出されるもの以上の途方もなく大きなエネルギーが必要となります。現実的にそのようなエネルギーを地球上で発生させるのは不可能であるため、現在既に地球が蓄えていた以上の量を得ることはできないのです。人工的に作ることができないため、欲しい人が誰でも安い価格で手に入れられるほど流通させることが出来ず、高い価値が維持され続けているのです。

しかも、これは単に資産価値や装飾品としてのみ存在しているわけではありません。その独自の性質から工業用としても幅広く使用され、価値を高める理由の一つにもなっているのです。例えば、金属としては非常に珍しく、どこまでも薄く引き伸ばすことができるため、箔や糸などを作ることもできます。箔として道具に貼り付ければ、外見上も非常に美しく仕上げられるだけでなく、錆びや腐食などの劣化から守ることもできます。メッキとして利用されることも多いですが、これも外部刺激からの保護が大きな目的です。人工衛星など精密でなかなか修理できない物の保護対策としても使用されますし、損傷しにくいため入れ歯の一部としても利用されるなど幅広い用途があります。さらに、コンピューターやスマートフォンなど、精密機械においても欠かせない存在です。身の回りの様々な重要電化製品に使用されており、ノイズの少ない高速の電気信号を発することができる素晴らしい性能を備えています。このように、工業用としても非常に様々な分野で有効利用でき、替えの利かない必要不可欠な存在となっていることで高い価値を保っているのです。

このような理由で高い価値を維持しているのですが、ひと口に金と言ってもK18やK24など、様々な表記があり、それぞれ価値が異なってくるので購入前に知っておくと良いでしょう。頭につくKという文字はカラットと言って、その製品に含まれる純度を示す単位となっています。一般的に純度は24分率で区分けされているので、K24になると純度100%となります。100%となると価値も価格も非常に高くなるので、市場に一般的に出回っている製品の多くはK18となります。これは区分けで見ると純度75%となり、ある程度高価と呼ばれる部類に入ります。K18は75%しか含まれていないという事になりますが、残りの25%は製造過程で他の素材を混ぜて作ることになります。これはあえて価値を下げ、購入しやすい価格帯にするという目的もありますが、他の素材を混ぜることで強度を増し、傷が付きにくくすることや加工しやすくするといったメリットも挙げられます。また、混ぜる素材によって色が微妙に変わるため、カラーバリエーションを楽しむこともできます。

 

【損しないブランド品メルマガ】

中古ブランド品をインターネット等で購入して失敗した経験ありませんか?正規品では無い商品を購入してしまい、騙される方が増えています。インターネットで購入する場合の注意点や本物かどうかの真贋力を少しでも身につけて、騙されない賢い買い物をされたい方は是非メルマガを登録してください。登録して読みたく無いと思った場合は、ワンクリックで解除できますので、ご安心ください。損しないブランド品メルマガ

買取価格
型番
買い取り金額
(※相場は日々変動いたします。)
119000円
店長から一言 金やプラチナ、貴金属を専門に買取
ランク Bランク
商品ランク説明
S 新古品・未使用品
SA 数回程度使用の超美品
A 全体的にキレイな商品
AB 多少の傷、汚れがあるが程度良好の美品
B 一般的な使用感のあるお品
BC 傷、汚れがあり使用感を感じる商品
C 傷・汚れがあり使用感を感じる商品
D ジャンク品

タグ: , , , ,

Posted by 買取専門店の熊本の質屋・質乃蔵 at 19:43 / 宝石,宝石・その他 K18金(750)の喜平ブレスレットを買取 はコメントを受け付けていません。

無料宅配キット
お問い合わせ
お問い合わせはこちら 宅配査定セット完全無料はこちら
  • 質の蔵はこんなものも買い取ります ヴィトン 製造番号 場所確認のポイントはこちら 査定一覧

    店舗情報

    質の蔵外観

    質乃蔵では、従来の質屋のイメージを変え、店舗にもこだわっています!

    ①24時間冷暖房・空気清浄機完備
    ②白を基調とした個別査定ルーム
    ③外観を蔵をイメージして建設

    〒862-0913 熊本県熊本市東区尾ノ上2-28-13

    電話:096-285-1077

    質の蔵マップ

    健軍自衛隊桜並木から
    質乃蔵への案内動画

    新着記事

    ページの上部へ